2018年ケンタッキー州 レキシントン市のサマーキャンプ・スクール体験を2週間づつ4週間の留学プログラムに参加された。
ホームステイしながらモノづくりをするサマーキャンプと学校体験(日本文化の紹介をする授業もあり)で現地のお子さんと国際交流をするプログラムです。

留学場所:ケンタッキー州レキシントン市 Newtons Attic(モノづくりサマーキャンプ)、Summit Academy Christian
留学参加者:HS君:高校1年生
留学期間:7月27日~8月27日

7月27日(金)
日鞠君は予定通り到着し、ホストマザーに温かく迎えられ、英語でもきちんと挨拶が出来て、ほっと安心している様子でした。息子さんのジョーは日本語を学んでいて、プログラミング、コンピューター、ゲーム等、日鞠君と共通の趣味があるので気が合うといいなと思います。

8月3日(金)
日鞠君がTom&Tracy家族と楽しい時間を過ごされたようで良かったです!ホストファミリーも楽しい時間を過ごされたようで、ホストマザーからは もっと一緒に過ごすことが出来れば良かったというメッセージと写真が届きました。今日から我が家でのホームステイになります。家族で色々計画しておりますので、楽しみにしています!今週はサマーキャンプで、午前はNerf Gunというおもちゃの鉄砲をより速く遠くへ飛ばせるよう改造しています。午後はアーチェリーの弓作りをしています。難しい言葉も出てきて聞き取りは難しいようですが、毎日生の英語を聞くことが出来て嬉しいと言っていました。ポジティブでやる気があって素晴らしいと思います!

8月14日(火)
日鞠君がレキシントンに来られて二週間が経ちました。先週は毎日元気にサマーキャンプに参加し、プログラミングをしたりウォーターガン作りをしました。日鞠君が習ったことを説明してくれましたが、どちらとも難しそうなキャンプで、よく頑張ったなぁと感心しました!

8月25日(土)
日鞠君の滞在も残り一日となりました。昨日からホストファミリーとオハイオ州シンシナティへ二泊三日で行っています。遊園地やミュージアムに行ったり、乗馬などをする予定と聞いています。シンシナティはレキシントから1時間半くらいですが、もっと都会なので、また違った感じのアメリカを見ることができて、日鞠君にとって良い経験になることと思います。

学校では相撲のプレゼンテーションを上手にすることができました!クラスメートも先生も大変興味深そうに聞いていました。また、紙相撲はとても盛り上がり、楽しい文化発表会となりました。日鞠君も審判をしながら、楽しそうに みんなの対戦を見ていました。

8月26日(日)
日鞠君は無事にレキシントンを出発いたしました。日鞠君にとって今回アメリカでのホームステイ&短期留学は初めての経験でしたが、楽しい時間を過ごされ、沢山の良い思い出ができたようで とても嬉しいです。また、四週間の滞在中、体調を崩すことなく元気に過ごすことができて本当に良かったです。ホストファミリーも私たち家族も日鞠君と楽しい時間を過ごすことができ感謝しています。

8月26日(日)お母さまより
オートリ愛沙様、プレゼンテーションは、うまくいくか本当に心配しておりましたので、愛沙様からのお言葉と、こんなにもたくさんお写真を頂戴致しまして、ほっと胸を撫でおろしました。また、クラスメイトの方々に大変仲良くしていただいた様子が伝わって来て感動致しました。学校の様子、ランチタイムの様子、一枚一枚に感動です。ありがとうございました。WEST家の皆様にも長期に渡りご親切にして頂き、また旅行まで連れて行っていただいたそうで、感謝の言葉が見つかりません。どうぞどうぞよろしくお伝え下さい。そして愛沙様、空港への送迎、様々な手配や食事の準備など、何から何までお世話になり、本当にありがとうございました。日鞠の帰国を楽しみに致しております!